IDEAVote(アイデアボート)の使い方

IDEAVote(アイデアボート)の概要

アイデアボートでは、たくさん出された楽しいアイデアを実際に実行するために必要な絞込みの方法をゲーム感覚で習得することができます。

おおまかな流れ

ゲームの進め方

「日々の仕事の中に、健康増進につながる行動を取り入れたい。どのようなアイデアが考えられるか。」というテーマでアイデア出し会議をしたと仮定します。
そこで出た9つの案の例が、水色の「お手本アイデアカード」です。
これを切り離し、机の真ん中に並べます。
8枚ある「役名札」は、アイデア検討の際に用いられる代表的な評価軸を表しています。
全員で話し合い、「役名札」の中から、このアイデアを実現するために大事だと思う「役名札」を人数分残して、その他の「役名札」は片付けます。(人数が3人の場合は、3枚残します)
ジャンケンをして、勝った人から一人1つ「役名札」と「名札スタンド」を取り、自分の前に置きます。
各自、自分の「役名札」と同じ色の「意見チップ(○チップ5枚、×チップ3枚)」を手元に置き、その他の「意見チップ」は片付けます。
先ほどのジャンケンの勝者からゲームスタートです。
自分の「役名札」の吹き出しを参考に、よいと思う「アイデアカード」の片隅に「○チップ」を1枚載せながら30秒以内にコメントします。
時計回りに交代し、これを「○チップ」が無くなるまで続けます。
(同じアイデアに同じ人が何枚も「○チップ」を載せてもOKです。)
自分の手元に「○チップ」が無くなったら、自分の「役名札」の吹き出しを参考に、 「×チップ」を載せながら懸念事項についてコメントします。 (自分が「○チップ」を置いたカードでもOK)
全員が終わったら、それぞれの「アイデアカード」毎に「○チップ」は1つ1点、「×チップ」は1つ-1点として点数を付け、得点順に並べます。

これが、メンバーの価値観に添って良いと評価された順番です。
※携帯などでこの状態を写真に撮り、議事録として残し、終わりです。