開発秘話

「ブレインストーミングでアイデアを出そう。」そういわれると滅入ることがありませんか。

ブレインストーミングは、「批判禁止」「突飛さ歓迎」「質より量」「他の人に便乗」という4つのルールをもった創造的な会議の方法です。

しかし、ブレスト、といいながらも、暗に、あるいは直接的に批判の声が出てきてしまう、そんな会議を経験した人も多いのではないでしょうか。

そんな気持ちで、誰かのアイデアの芽がつぶされていくのを感じながら、
(それって、ブレストじゃない。)
(やっぱりうちの組織では、創造的なことはむりだよなぁ。)
と脱力しまうクリエーターの声を、実は結構、聞きます。

実は、チームの創造性を引き出すにはある種の手順や意識の持っていき方が重要です。
もとから人間には創造性があります。どんなチームにも創造力はある。
それを引き出す何かが必要だ。ということなんです。

ブレインストーミングのルールにのっとった体験を、楽しみながら、とにかく一度、メンバーに経験させることができたら、、、。そんな願いをいくつも聞きました。

ブレスターという、「楽しみながらブレインストーミングのルールを学ぶカードゲーム」が誕生した背景には、実はそうしたクリエータの根強い声が深く関係しています。

問題解決は得意なビジネスマンの会議。
でも、アイデア会議の前に、場のムードを変える、アイスブレークするツールがほしい。
そんな声にぴったりのツールとして、ブレスターが誕生しました。