ブレスターの使い方

ゲームの目的

順番にアイデアを発言し「手持ちのカードをたくさん減らすこと」です。

ゲームの進め方

1.好きな色のバッジを選ぼう。(誰がどの役をやるか決めよう。)

4人で行うゲームです。
2人もしくは3人でも出来ます。その時は、余ったバッジ(役)は、余らせたままで結構です。 ただし「赤のバッジ」必ず誰かが選んでください。

2.役カード(赤、黄、緑、青)をそれぞれの役に10枚配ろう。

バッジと同じ色のカードそれぞれの役に配り、カードを表向きに並べ、内容を把握しておいてください。

3.TOIカード(ミントグリーン)を5枚ずつ配ろう。

TOIカードを裏返しにして山に積み、山から1人5枚、カードを取り、手元に並べてください。

4.テーマを選ぼう。

テーマリスト(10テーマ)の中から、取り組みたいテーマをチームで1つ選びます。なるべく多くの人が、興味のあるものを採用します。

5.じゃんけんして勝った人から順にスタート。

4.で選んだテーマの解決アイデアを、カードを出しながら言っていきます。
自分の番でできること。(AかBのどちらかができます。)
A)TOIカードの問いかけから思いつくアイデアを言いTOIカードを場に捨てる。
B)役カードに書いてある内容を行い、役カードを場に捨てる。
「全員モード」というカードがあります(4枚)。それを使うと、そこから一周は全員がその指示に従わなくてはなりません。
1人30秒以内で言います。30秒以内にアイデアを出せないと、パスになります。パスした人は、手持ちのカードが増えてしまいます。(山からTOIカードを1枚引く)。
B)で、手持ちのTOIカードの内容に関連した発言ならば、そのTOIカードも捨てられます。

ゲームの終了と勝敗

15分後に、最もカードをたくさん持っている人が負けです。

TOIカードと役カードの合計数が最も多い人が負けです。負けた人には、罰ゲームがあります。

! 赤のバッジの人にだけ、特別な役割があります。

誰かがアイデアを批判したときに、「今は批判禁止ですよ」と指摘してください。その指摘をするだけで、 TOIカード1枚捨てることができます。ただし、赤のバッジの人がアイデアの批判をしてしまった場合、TOIカードを3枚引かなくてはいけません。(他の人が指摘します。)